食育について

芽豆羅保育園の食育

「育むことは食にあり」「食べることは育つこと」この頃よく皆さんも耳にする「食育」ということば、日々の子どもたちの生活をみていると子どもの成長にとって、とても重要であることがわかります。
菜園づくりで種をまき、苗を植え、いのちが育つ過程を子どもたちが土の香りをかぎながら種苗を手にし、土に播いていくことは、子どもたちに新たな驚きと、子どもたちの目に命の芽の発芽を感じることができます。
菜園をお世話することにより、自分たちが植えた野菜の成長の日々の変化を目の当たりにし、子どもたちの「なぜ?」の科学するこころを、食育を通して大切に育てていきたいとおもいます。もちろん口を通していただくいのちに感謝をし、配膳の準備、お片付け、残渣(ざんさ)の仕分け、お箸、食器の使い方や正しい姿勢の食し方など、こども園時代に人間の基礎マナーとして身につけることができるよう「食育」を保育の中心に捉え、めずらこども園は子どもたちの育みに取りくんでいきます。

このページの一番上へ